スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTBでポタ&鳩吹山登山。

・・・眠い・・・眠い・・・眠いぞおおお!!!。

どうも、眠気がピークに差掛かり変なテンションに成りつつあった土曜日の話。
さて朝から何故眠いのか・・・夜通し遊んでいたから眠い?・・・・いやいや確かに夜を通してずっと起きていたのは間違いないのですが、遊んでいた訳でなくずっと仕事をしていました。そう、最近仕事で夜勤を始めて眠い!!!。

そんな夜勤明けの週末の朝、せっかくの休日なのに寝て過ごすだけの時間の使い方は勿体ないではないですかい。そう言う訳で、家には帰るとそのまま寝てしまうのは目に見えているので、家には帰らずそのままポタに出掛けてやろうと言う事でポタりに行って来た。

121028a.jpg

仕事が終わる頃には、日が昇り始め明るくなるのだが、まあ寒いこと。
今回のポタは鳩吹山を登ることがメインなので、一宮・犬山間のサイクリングロードを突っ走ろうと思ったけれど、毎回同じ道ばかり走るのもつまらんので、遠回りして久々に自然遺産の森に寄ってみた。

121028b.jpg

秋色に染まりつつある自然遺産の森、やはり和の景色は良いですな。( ̄  ̄)
自然遺産の森から以前継鹿尾山に登った終点、善師野駅へと移動。

121028c.jpg

ここ善師野駅にMTBを駐輪し、鳩吹山山頂を目指す途中大洞池という池があるのだが、何故だか水がない・・。

121028d.jpg

9月上旬に継鹿尾山に登ったときには、周りの緑鮮やかな木々が水面に映りとても綺麗なエメラルドグリーン色な池で、爺様達が談笑しながら釣りをしていたんですが・・・下の写真がそのときの大洞池。

120909o.jpg

ネットで調べてみると、この大洞池は年間を通して水位や水質が変化していくそうで、この時期は水位がもっとも下がるんだとか・・・年間通して変化するなんてなかなか面白い池ですな。

大洞池から先に進むと途中三叉に道が別れます。

121028e.jpg

ここを恵那コースへ進んでいくと、またまた三叉に道が別れるんですが、道が舗装されています。
舗装された道を右へと進む。

121028f.jpg

歩いても歩いても平坦な道が進み住宅街に入り、一向に登山口が見えず山道に入る気配がない・・。
どうも道を間違えたようで、散歩をしていた爺様に道を訪ねてみると、このまま進んでも真禅寺に鳩吹山の登山口があるそう。あと舗装された道に出た三叉を左に行っても鳩吹山の登山口があるそうでこちらは遠回りのルートだそう。さてここで二択、鳩吹山山頂に最短で登る真禅寺登山口を目指すか、道を引き返して遠回りルートに進むか・・・最短で山頂に到達するのもつまらんので、ここは道を引き返して遠回りルートで山頂を目指す。

道を引き返していると、携帯が鳴る・・・友達からの携帯で「今何してる?」と言うので「夜勤明けで今から山登るとこ」と答えると「タフやな(笑)」だって・・・夜勤明けは変なテンションになりますからな。(笑)
携帯で友達と会話しながら歩いていると登山口へと着く。

121028g.jpg

鳩吹山山頂まで2時間ほどて・・・すごい遠回りやね・・・。(==;)
標高が313mなので1時間ほどで着くと思っていたんですが、夜勤明けでこれはなかなか過酷な登山になりそうだ。山頂目指して登山を開始し登って行くと、なにやら鉄塔が見える。

121028h.jpg

鉄塔を見上げてみると・・・。

121028i.jpg

た・・・たけぇえええええ!!!!!。
鉄塔の中心に立ち見上げてみる。

121028j.jpg

なんか万華鏡を見ているみたい。

121028k.jpg

鉄塔からの景色を見てみると、電線が山下に続いているのを見るとすごい光景だな。
それにしてもふと思うのが、こんな場所にどうやって鉄塔を建てたんだって思う。

山頂までの道のりはまだまだ長い。

121028p.jpg

そして道が急な上に岩肌が見えて滑ったりしたら大怪我に繋がるような険しい道。

121028l.jpg

標高が低いからと道が整っているとか思っていたけど、正直舐めてました。
もうね、山を登っていると学生時代を思い出すんですよ。
部活でスクワットを数百回した懐かしいあの頃のように、登れば登るほど足に疲れが溜まっていくのがよくわかる。
まあでも、途中途中で見られる景色が疲れを忘れるほど良いので、気になりませんがね。

121028m.jpg

鳩吹山山頂に到着。

121028n.jpg

とても長い道のりだった。
しばらく山頂でぼ〜〜〜〜〜〜〜〜っとし、大脇登山口に向かって下山。
こちら側は階段だ整備されているので、他の道に比べると安全かつ最短で登ってこれます。
登山口から可児川駅へ。

121028o.jpg

電車に乗って善師野駅まで戻ります。
電車に乗るとそのまま自宅まで帰りたくなる。
善師野駅にてMTBを回収しサイクリングロードを走り、江南フラワーパークに到着。

121028q.jpg

この時期見頃の花を撮るためやってまいりました。
子供達が喜びそうなこんなものがあったりしてなんか楽しい♪。

121028r.jpg

121028s.jpg

121028t.jpg

なかなか花を撮るのは難しいんですが、撮ってて楽しいですね♪。
花の写真を撮るのに熱が入るんですが、何故か途中からシャッターが切れなくなる・・?????。
液晶画面を見ると「バッテリーを交換して下さい」と表示が・・・バッテリー切れ・・マジですか。(´△`;)
138タワーにも寄ってコスモスとか撮ろうと思っていたんですが、残念、無念・・。

バッテリーが切れてしまったので帰宅、ポタ最中は全く眠気が襲ってくることがなかったのですが、帰宅してしばらくすると知らん間に爆睡していました。


スポンサーサイト

登山に記録を。

最近こんなの買いました。

120707a.jpg

YAMASAというメーカーの万歩計
何故万歩計を買ったかと言うと、MTBやRBなどの自転車にはサイクルコンピューターという速度や走行距離などを測れるものがあって、これがあるだけでも自転車に乗っている楽しさが違ったりするので、登山をより楽しむために記録を残せるようなものはないものかと考えて、万歩計があれば登山をとり楽しめるのではないかと買ってみました。

それで万歩計と言えば歩数を測るだけというイメージがありましたが、今は技術が進んでいろんな機能があるんですね。昔の振り子式の万歩計はズボンのベルトなんかに付けて計測するイメージがあったんですが、今の万歩計は技術が進んでいて3方向加速度センサーというのが採用されているので、ポケットやバックの中や首に下げて計測が可能だそうで、実際に職場でポケットに入れて使ってみたんですが、なかなかの感度で正確に歩数を測ってくれます。

そして、事前に歩幅を入力しておくことで歩行距離の表示の他に時計・消費カロリー・体脂肪燃焼量・歩行時間といろんなデータを表示してくれます。まあ、ただ登山となると登りや下りで歩幅が変わってくると思うので正確な歩行距離は出ないと思うんですが参考にはなると思うので、次回の登山から万歩計を持って行こうと思います。


登山・百々ガ峰

日曜日のお話・・・・
今年は登山にも挑戦してみようかと言うことで、せっせとMTBを走らせある山へと行ってきました。
台風のおかげで先週はチャリ通1日しかしていないので、体が鈍った状態でポタに登山と行って帰って来れるか心配ではありますが、何度かポタで来たことがある松尾池へとMTBを走らせ、松尾池の近くにある百々ガ峰(どどがみね)という標高418メートルある山へと登ります。
MTBを松尾池に駐輪し、目指すは山頂へ・・・・。

120624a.jpg

120624b.jpg

120624c.jpg

120624o.jpg

登山口には小川が流れていたりするんですが、小川の付近を通ると空気が変わると言うか爽やかな良い香りがします。

120624d.jpg

120624e.jpg

山頂目指してひたすら登っていると視界に開けた場所が見えて来たので、山頂やろかとペースを上げてみる。
するとそこは何故か舗装された道・・・・?????・・・・なんで舗装されてんの!?。

120624f.jpg

近くに地図があったので見てみると、長良古津から三田洞へと続く道で百々ガ峰山頂に続いている。
地図をずっと眺めていると、登り方面からMTBに乗って走ってくる人がいたので、自転車でも登って来れるみたいで、今度来るときはMTBで登ってみようかと。
道が舗装されてるので歩きやすくて山を登っている感が薄れるなとか思いながら歩いていると、蛇に遭遇。

120624g.jpg

舗装された道を歩いていると、途中分岐点があり百々ガ峰方面へと足を運び、険しい山道を進んで行く!!。
・・・って別に険しい道ではないけどね。

120624h.jpg

それで山頂に到着。

120624i.jpg

山頂から見る景色はどんな景色かというと、空は残念ながら曇り空ではあるんですが、ミニチュアを見るかのような景色が素晴らしい!!。

120624j.jpg

高さではスカイツリーには遠く及ばない愛知県は一宮市にある138タワーが見えます。

120624k.jpg

そして目の前には百々ガ峰より低い金華山があり岐阜城を見ることができます。

120624l.jpg

山頂からの景色を堪能し下山。

120624m.jpg

120624n.jpg

下山して松尾池で少し休憩したんですが、足が緩くピクピク・・・。
そして次の日・・・歩く度に足首が筋肉痛で痛むんですが、その痛みに悦びを憶えるのでした。(爆)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。