スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島旅行(2日目後半)

午前中は厳島神社と大鳥居、弥山を堪能し次は水族館へと向かいます。

が、その前におやつを少々。(笑)
にぎり天でベーコンとベーコンアスパラの2つをチョイス。

130430y.jpg

ベーコンアスパラの美味しさと言ったら最高です!!。
おやつを食べ終え、宮島水族館へと入場して行きます。

130430z.jpg

可愛い動きをするブルージェリーフィッシュ。

130501g.jpg

ブサカワなニセゴイシウツボ。

130501h.jpg

130501a.jpg

華麗に泳ぐゴマフアザラシ。

130501f.jpg

まったりし過ぎるペンギン達。

130501b.jpg

水槽に付いた汚れがペンギンの大事なところをモザイクのように隠す。(笑)

130501c.jpg

全く落ち着かずとにかく動きまくるコツメカワウソ。
写真を撮るのも大変だ。

130501d.jpg

動きまくる2匹とは対照的にだらけにだらけまくる一匹のコツメカワウソ。

130501e.jpg

いろいろな生き物を見れてとても和んだんですが、スナメリが見れなかったのが残念。。。

小腹が空いたので、焼きカキを。
2個400円のところ、タイムサービスで3個500円ということで、3個頼みタレに醤油、ポン酢、レモンをそれぞれにかけ味を楽しむ♪。

130501i.jpg

写真を撮り忘れたけど、あと他にカキ3個を串に刺し、醤油バターで焼いたカキ串を食べました。

五重塔を見るため階段を駆け上る。

130501j.jpg

表参道を歩いていると、観光客の多い事。

130501o.jpg

世界一大きな大杓子。

130501l.jpg

宮島最後の〆に表参道の人の多さと違い、人が殆ど通らない裏の通りにあるはやしやで、抹茶パフェを食べる。

130501m.jpg

店内は和風で優しい雰囲気でとても落ち着きます。

抹茶カフェの見た目は食べるのが勿体ないほどのオブジェのような形で、鹿の形をしたクッキーが心癒される。
食べてみるといろいろな味が楽しめとても美味しかった♪。

「宮島の和かふぇはやしや」のHPはこちらから

宮島の〆のお店として最高でした。
フェリーに乗って研修所の近くのホテルへ。

130501n.jpg

さよなら宮島。
また8月に来るぜ!!。


スポンサーサイト

広島旅行(2日目前半)

1日目に宮島に行って夕飯を食べるつもりだったんですが、夜勤明けでの行動だったのでホテルのベットに横になったら寝てしまい、起きたら23時と宮島に行くフェリーもなく、ホテル周辺にも飲食店やコンビニなどがなく夕食を食べる事なく朝を迎える。

朝からこんな朝陽を見ながら入る朝風呂は最高だ♪
ちなみに下の写真は、浴場で撮ったのではなく部屋から撮った写真ですが、こんな朝陽を見ながらお風呂に入れます。

130430a.jpg

お腹を空かせながらチェックアウトし、7時発のフェリーへと乗る。

130430b.jpg

フェリーに乗って宮島に出発すると、フェリーから大きな鳥居が見えてくる。
テンションが上がってくるね。

130430c.jpg

宮島へと着く。

130430e.jpg

フェリー乗り場から出ると、そこには驚きの光景が。
野良犬ならぬ野良鹿!?。

130430d.jpg

町中を鹿が普通に歩いている。
人が近づいても逃げる訳でもなく、もの凄く馴染んでいる。
にしても、可愛いなぁ。(´△`*)

厳島神社へと向かうと、海に建つ大鳥居が見えてきます。

130430g.jpg

さらに進むと、世界文化遺産である厳島神社に到着。

130430h.jpg

130430i.jpg

130430j.jpg

130430k.jpg

130430l.jpg

130430m.jpg

厳島神社、美しく素晴らしいですね。
次は弥山の登るため、ロープウェイ乗り場に向かいます。

130430n.jpg

歩いていると、雀とは違う鳴き声が聞こえたので、ふと辺りを見回してみると燕が。
そう言えば燕を見る季節になったんだよな。

130430o.jpg

130430p.jpg

ロープウェイに乗って弥山山頂付近まで。

130430q.jpg

ロープウェイで上まで行き景色を眺めると、眺めが最高!!。

130430r.jpg

さらに歩いて弥山山頂に行くと工事中。

130430s.jpg

そう言えば、山頂の展望は工事中と掲示されてたの忘れていた。。。

ロープウェイに乗り下山し昼飯を食べに行く。
錦水館という旅館の1階にあるひめあかりにて食事を。

130430t.jpg

頼んだメニューは穴子陶箱飯で、煮アナゴを陶箱に入れ丸ごと蒸す調理法で、とろける食感がとても良かった。

130430u.jpg

昼飯を食べた後は、干潮潮時間が頃合いなので大鳥居へ行ってみると・・・

130430v.jpg

潮が干いているので大鳥居に近づく事ができます。
真下から見るとすごい迫力。

130430w.jpg

大鳥居から離れたところから見ると、大鳥居の大きさがよくわかります。

130430x.jpg

世界遺産である厳島神社の美しさに、海に建つ大鳥居には圧巻。
弥山から見る景色も最高でした♪。

広島旅行(2日目後半)に続く。。。


広島旅行(1日目)

仕事で広島へ研修に行くついでに観光に行ってきました。

夜勤明けで目をこすりながら、家に帰ってすぐに出発。
新幹線で仮眠をし、着いた先は広島駅。


広島駅に着いて路面電車に乗って目指すは原爆ドーム。
写真では見た事はあるんですが、実際に見るのは初めてで、実物を見ると戦争の生々しさというのが伝わってきますね。

130429b.jpg

130429c.jpg

130429d.jpg

130429e.jpg

130429f.jpg

見ていると悲壮感に捕われます。

原爆ドームより少し歩いたところにある広島平和記念資料館へ。

130429g.jpg

130429h.jpg

130429i.jpg

130429j.jpg

被爆前後の広島の解説や原爆が落ちた時間に止まった腕時計などの遺品が展示されていたりと、平和について考えさせてくれる施設でした。


資料館から出ると、雨が降ってくる。
キャリーバッグが防水ではないタイプなので、困った、困った。

雨に困りながらも、縮景園へ。

130429k.jpg

130429l.jpg

130429m.jpg

130429n.jpg

130429o.jpg

130429p.jpg

130429q.jpg

日本庭園がとても美しい♪。
滋賀県の慶雲館の日本庭園も良かったけれど、ここは庭がとても広く見る角度でいろんな美しい情景が見れて最高。
雨が降っていて若干テンションが落ちていたんだけど、池に降り落ちる雨の音が心地よくとても和みました♪。

広島駅に戻り、電車に乗って山口県へ。

向かった先は岩国は錦帯橋。
独自な形をしたアーチで素晴らしい造形美。

130429r.jpg

130429s.jpg

錦帯橋を渡ると吉香公園へ入って行き、そこから岩国城が見えてきます。
地熱で雨が蒸気となって湧き立つのが面白いですな。

130429t.jpg

吉香公園から西に向かうと紅葉谷公園に行けます。
まだシーズンではないので緑々しているけれど、それでも綺麗ですな。

130429u.jpg

紅葉谷公園を進んで行くと岩国城へと続く登山道が見えます。
・・・が、雨の為なのか通行止め。

130429v.jpg

8月に研修でまた来る予定なので、その時に登りにこようかと思っています。

130429w.jpg

130429x.jpg

帰りはレトロなバスに乗って宿泊先を目指します。

130429y.jpg

広島旅行(2日目)に続く。。。。

130429z.jpg



湯の山温泉へGO。

ホトチャンネルと言うテレビ番組で去年放送されていたのを観て、ずっと行きたくてしょうがなかったところへ行ってきました。
初めて近鉄に乗り向かった先は湯の山温泉駅。

130206a.jpg

駅に着いたらバスを乗り継ぎ着いた先は御在所ロープウェイ。

130206b.jpg

ここからロープウェイに乗って御在所岳の頂上に向かうのだが、並ぶ人がたくさんで待つこと十数分、他の人と乗り合わせ頂上に向かっていると、乗り合わせた子供が「あそこに人がいる」と言う。
まあ登山者がいるからそら人がいるわな。

130206c.jpg

ああ、いるいる登山をしている人が。
そう人が・・・えええっ、人が!?

うそだろっ!!!!!!

さて、一体何に驚いているのかわかりますか・・。

それではカメラを引いてみましょう。
驚いた理由は登山者のいるところ・・・下の写真の矢印のところに人がいるんですよ。

130206d.jpg

かなりの傾斜な部分に人がおり、足を滑らせたら止まることなくそのまま真っ逆さま・・・という危険なところに人がいて驚いてしまった。この他にも別の場所に登山者がおり、なんともかんとも。

山頂に着き頂辺獲ったどおおおぉぉぉ!!!!!。

130206e.jpg

本当のところは登山をして頂辺を獲りたかったんですが、登山初心者に雪山は死にに行くようなもんですからな。

それで山頂から見る景色なんですが、すげぇな・・。

130206f.jpg

標高1212mから眺める景色は凄い!!!。
そして風も強くて非常に寒い!!!。

それで今回御在所岳に来た目的は氷瀑を見に来るためで、念願の氷瀑が!!。

130206g.jpg

思ていたほどのものでなく、ちょっと拍子抜けしたけど、こういうの見るのって面白いよね♪。

氷瀑を見た後は更に奥へと進み雪道を行く。
ここでは雪道を歩くためスノーシューを借りることができるのだが、なくても進めそうだったので進んでみる。

130206h.jpg

・・がその考えは甘かった。
場所によっては雪が固まり滑りやすくなっていたり、踏んだところの雪が沈み足をとられたりと結構危ない。特に下りなんかは登りと違い踏ん張りが利かないので、途中引き返してきました。
それにしても、地元じゃ雪は年に数回しか降らないし、ここまで雪が積もる事もないので、雪道を歩くのは楽しいですな♪。
雪道を歩いているとアイゼンとか欲しくなってくる。

御在所岳の頂上を堪能しロープウェイに乗って下山。

130206i.jpg

帰りも風で機体が揺れる揺れる・・・怖い!!。

下山をしてバスに乗り、次の目的地は癒しと食の総合リゾート地アクアイグニス。(アクアイグニスHPはこちら
ここアクアイグニスに来た目的は温泉に昼飯、デザートを堪能しようとやってきた。

130206j.jpg

駐車場には満車の看板が立てられ、中に入って行くと長蛇の列が・・・。
アクアイグニス内になるコンフィチュールアッシュという有名なシェフのスィーツのお店に大行列ができており、通路が通りにくい。
まずは温泉へ。

130206k.jpg

ここ片岡温泉は内湯がひとつ、外湯が竹林になっていて階段状の風呂・寝湯・桶風呂があります。
外湯の竹林はとても落ち着き、特に寝湯が気持ちいい♪。
銭湯なんかにある寝湯は、床が平で寝心地が悪かったりするんですが、ここ片岡温泉の寝湯は背中のラインに合わさるように床がカーブを描いているので、寝ていると楽で気持ちが良いのですよ♪。

温泉からあがった後は、食を楽しもうとアクアイグニス内にある奥田食堂に行くが並んでいる・・。
俺は並ぶのが嫌いな人なので、弁当を買って食べる事に。

130206l.jpg

限定食の恵方巻きも一緒に。
御飯を食べた後はデザートを食べに先ほど大行列ができていた店に行ってみるが、まだ行列ができている・・。
・・ので、デザートはお預けに・・。(泣)

休憩所でしばらくのんびりし、帰宅をするのでありました。


岐阜県中津川市へ日帰り旅行。

土曜日の朝、夜勤明けで腹はペコペコ・・・さて何を食べようか・・・・そうだ中津川に行こう!!。
と言うことで、中津川へと行く事にした。(笑)

何故中津川に行こうと思ったのかと言うと、以前ホトチャンネルというテレビ番組で紹介された中津川若どりトマト丼、略してとりとま丼というのがあって、数々あるとりとま丼を食べるために中津川へ。
とりとま丼の詳細はこちらから→「中津川とりとま丼HP

121111a.jpg

中津川へ着きまず向かった先は、移動を素早くするために自転車をレンタル。
駅すぐ近くにあるにぎわいプラザ1Fに自転車をレンタルしているところがあり、借りる際に預託金として1000円を支払わなければならないが自転車返却時に返金されるので、実質無料で自転車をレンタルできます。
自転車レンタルに関しての詳細はこちらから→「中津川観光協会 まちなかアシスト号」

121111b.jpg

ここで借りられる自転車は電動アシスト自転車で、以前からどんな感じなのかと乗ってみたかったんですが、初動のペダルの軽さと坂道を上るときのペダルが軽いことで、坂道の多い中津川では坂を上るのがとても楽です。ただ坂道の下りでチャージのために勝手にブレーキが効くのにちょっと驚きましたけどね。

それで、電チャリに乗って朝飯を食べにお店を探すのだが道が入組んでいるので、もうあたふた。地図を見ても大まかな表示なのでイマイチわかりにくい・・・近くに流れる川などを頼りになんとか到着。

朝飯を食べるお店は、中津川商工会議所1Fにある神戸館で、8時30分から営業ととりとま丼を扱っているお店の中で唯一朝から営業しているので、朝飯を食べるにはもってこい。

121111c.jpg

もう腹ペコペコなので足早にお店に入り、とりとま丼を頼むとスタッフさんが「すいません、ランチタイムからのメニューになりますので・・」だそう・・・・「なっなっ何だってぇぇえええ!?」。朝飯じゃなくて昼飯になってまうや〜〜〜〜〜ん!!。そんな訳で、ランチタイムに入るまで外で時間を潰すためお店を出ることに。

ランチタイムまで残り1時間と30分・・・さて、どうやって時間を潰したもんか・・・。
と、川沿いを電チャリでのんびりと走ると広大な景色に巡り会う。

121111d.jpg

山々に囲まれた中津川市の広大な景色が素敵すぎる!!!。
写真ではその広大で素敵な景色の良さが伝わらないと思うんですが、生で見る景色は素晴らしいものである!!。

121111e.jpg

ランチタイムになったので神戸館へと向かいとりとま丼を頼み出て来た料理は・・・。

121111f.jpg

ああ、口の中でヨダレが溢れ出てくる!!。
では早速頂きます・・・・まずカツを取ってみるとカツの下にはオリーブオイルを絡めたキャベツがのせてあり、トマトソースが絡まったカツと共に口へと運び食べてみると肉は柔らかくジューシーに仕上げられておりほのかに感じるチーズとマッチして美味しい!!。いやいやこれは食が進む進む♪。ただこれは人の好みによると思うのだが、トマトの酸味が少し強いかなと感じたけれど、美味しいですな。一口一口ゆっくりと味わいながら完食・・・ごちそうさまでした。

ふぅ、いやいや満足、満足・・・さて2軒目行きますか・・まだまだお腹の中は余裕で食べれますよ。
と、やって来た2軒目は赤いのれんが架かったチキンハウス。

121111g.jpg

お店の中に入りとりとま丼を頼む。

121111h.jpg

この店のとりとま丼も美味しいそうだ。ヨダレが口の中で溢れ出る!!!。
御飯にトマトソースがかけられその上に手羽先がのっております。では、まず手羽先から噛りつき食べてみると、肉の旨味が口の中で広がって美味しい事と言ったら、2本だけと言わず何本でも食べたくなる美味さ!!。トマトソースを絡めた御飯を食べるとトマトの酸味が程よく抑えられていて好みな酸味加減でとても美味しいです♪。

飯を食ったところで、お次ぎは食後の運動をするために中津川駅へと戻り、電チャリを返却しバスに乗ってあるところへ向かう。向かう先は馬籠でバス直通で行けるのだが、それでは面白くないと言う事で中山道を通って馬籠に向かうため、落合で途中下車。ここからは歩いて馬籠まで向かいます。

まずは中山道に向かって歩いていると、とても高い位置に架けられた鉄橋に遭遇。

121111i.jpg

あまりの壮大な景色にカメラで写真を撮りまくるのだが、なかなか納得のいく写真って撮れんもんですな。
中山道の入り口となる石柱に到着。

121111j.jpg

中山道を通っていると滝の音が聞こえてくる。

121111k.jpg

寒くなってきたとは言え、上り坂が続くため汗が次から次へと出てきます。
中山道を歩いているとこんな場所へと着きます。

121111l.jpg

ここからは石畳と十曲峠へと入って行くんですが、ここの入り口に入った瞬間とても感動をしてしまいました。無数の石で敷かれた道に木漏れ日が射す美しさと言ったら、もう何も言えね。

121111m.jpg

石畳を歩いているとこんな風景も・・。

121111n.jpg

誰も住んでいない廃屋が。周りは深い木立に包まれとても静かなこの石畳を夜に通ったら凄い怖いだろうな・・。
石畳を抜けると周りが開け、こんな景色が拝めます。

121111o.jpg

121111p.jpg

長い道のりであった中山道を抜け馬籠に到着。

121111q.jpg

ここ馬籠は、とりあえず・・・・・人すげぇ!!!!!!!。

121111r.jpg

何この人の多さは!!!。( ̄  ̄;)
ここ馬籠は、「石畳の敷かれた坂に沿う宿場で、馬籠峠を越えた信州側の妻籠宿(長野県木曽郡)とともに人気があり、多くの観光客が訪れる。石畳の両側にお土産物屋がならび、商いをしていない一般の家でも当時の屋号を表札のほかにかけるなど、史蹟の保全と現在の生活とを共存させている。」(Wikipediaより引用)だそうで、昔ながらの風景を保っている和の雰囲気とかとても素晴らしいのですが、人が多すぎて人混みが嫌いな自分にとっては地獄絵図。(笑)

121111s.jpg

121111t.jpg

建物の感じとか、水車が回っていたりとか本当に良いです。
今度泊まりできて、あまり人がいない時間帯にのんびりと歩いてみたいですね。
あと紅葉もなかなか綺麗でした。

121111u.jpg

このあとは別の場所に移動して温泉に行こうと思ったんですが、夜勤明けの疲れもあってかバスに乗った瞬間どっと疲れが押し寄せてきたので中津川駅へと直行。それで夕食にとりとま丼を食べに2軒ほど周ろうと思ったんですが、開店時間まで1時間あって時間を潰すような場所もなかったので、電車に乗って帰りました。

121111v.jpg

今回は日帰りと言う事で馬籠までしか行けませんでしたが、今度来るときは馬籠の先にある妻籠に行ってみようかと思います。

万歩計の記録 23683歩 15.39km 1007.7kcal


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。